学習のかたち

学習スタイル

無理なく学べる余裕のシステム
しっかりサポートするから安心です

“自由度が高い学び”を実践している本校の主人公は、生徒のみなさんです。
自宅での自学自習を中心に、あなた自身のライフスタイルに合わせて無理なく、のびのび学べ、高校卒業資格を取得できることが魅力です。

入学から卒業まで、しっかりサポート!

入学
前・後期制なので新入生は4月と10月、転・編入生は随時入学が可能です。
  • 書類審査
  • 面接
  • 基礎学力テスト
    (新卒)
学習
自学自習が基本で、学習システムが柔軟であることが大きな特徴です。
  • レポート
    (添削指導)
  • スクーリング
    (面接指導)
  • テスト
    (単位認定試験)

レポート(添削指導)

レポート学習は教科書・解説を見ながら自分で計画を立てて進めていきます。
もちろん、学校に登校して教科担当と内容を確認しながら勉強していくこともできます。

テスト(単位認定試験)

テスト(単位認定試験)は、前期、後期の2回行います。テストまでにレポートを提出することで受験資格が与えられます。
また、テストの出題範囲はレポート課題が中心となりますので通常の学習をしっかり行なっていれば心配することもありません。

スクーリング(面接指導)

登校して教科担当の先生の指導を直接受けます。あなたのライフスタイルに合わせ、時間割を無理なく選択できるシステムになっています。
また、コースや放送視聴やCD-ROM視聴などを含め本人の状況や進路希望に応じてスクーリングの内容も柔軟に対応できるようにしています。

総合学習

自分の興味のある分野を体験活動などを通してじっくり時間をかけて取り組み、それを自分の進路につなげていくことができ、新たな自己発見の場になります。

卒業
卒業条件を満たすと、全日制と同じ「高等課程修了」の卒業証書をお渡しします。
  • 修得単位が
    74単位以上
  • 修業年限が
    3年以上
  • 特別活動が
    30時間以上(前籍校含む)※卒業年齢が18歳以上

タブレット学習

タブレットで実現する新しい教育のカタチ

松陰高校ではWindowsタブレット端末を生徒に無償で貸与し、ICTの利点を活かした様々な学習を展開しています。
教科書とは違った形で、生徒の学習の可能性を広げることで、魅力ある学習環境を提供しています。

ICTで変わる、学習スタイル

レポート学習

いつでもどこでも学べる
タブレットを利用すれば、いつでもどこでも、そこが学びの時間と場所になります。行き帰りの電車や友達との待ち合わせ時間、学校の教室や自宅の勉強部屋などさまざまな場面で活躍するタブレットの可能性は無限大です。
手書きでらくらくレポート学習
タブレットでもレポートは手書きです。自分のレポートを送信すれば、添削されたレポートが電子データで返信されます。一人ひとりが持つタブレットは、その人独自のものです。もちろん、レポート学習は本校所定のレポート用紙での学習も可能です。

学習コンテンツ

日常英会話の基礎を身につける語学系学習コンテンツ
「英語ができること」今やそれが進学や就職の条件!
タブレットには、私たちが日頃使う英会話が入っています。英語を勉強するという意識ではなく、理屈抜きで英会話を学べます。英語が苦手な人でも気軽に取り組めるのがこの英語コンテンツの特徴です。
各教科の教育ビデオ学習コンテンツ
いつでも何度でもタブレットで勉強ができます。高校3年間の基礎学習はもちろん、大学受験対策まで全講座5000を含む教材です。自分のレベルに応じて、一気に、自由に、そして効果的に学習することができます。

コース紹介

さらに上へ進学を目指すのか、興味あるものへの専門性を深めるのか、決めるのはあなた次第です。
各コースの内容は学習センターによって異なりますので、事前にご確認ください。

キャンパスカレンダー

Message from Students

楽しく勉強ができる学校で笑顔になれる行事が盛りだくさん
私は集団で勉強することが苦手で悩んでいました。高校受験のとき、担任の先生に相談してみると松陰高校のことを教えてくれました。松陰高校の先生方は、わからない箇所があれば、いつでも個別に教えてくださるので、勉強に不安があった私は楽しく学校生活が送れています。学校行事で一番楽しいのは、本校のある向峠地区で行われる運動会です。地元の方々と一緒に行うパン食い競争や縄ない競争など楽しい競技がたくさんあります。松陰高校は、必ず笑顔になれる行事が盛りだくさんで、楽しく勉強ができる学校です。私たちと一緒に松陰高校で学びませんか。 岩国学習センター河村 京香
先生の勧めで環境との関わりを学べる理想の大学に進学できました
私にとって環境とは何か、そして私たちは環境とどのように関わっていくかを明らかにするために大学進学を決意しました。自然や動物が好きで、もっと生物について深く学びたいと思っていた私に松陰高校の先生方は、公立鳥取環境大学を勧めてくれました。大学は自然豊かな場所に立地しており、生物に関する高度な研究機関は、私にとって理想の大学でした。また、フィールド演習やプロジェクト研究などのカリキュラムにも魅力を感じました。将来は大学で学んだことを生かして、生物の保全に関わっていきたいと思っています。松陰高校では、多くの人と関わり、刺激を受け、自分を見つめ直すことができました。松陰高校で過ごした時間は今でも私の貴重な財産となっています。 岩国学習センター井上 恵太 公立鳥取環境大学 環境学部環境学科
夢は逃げない、逃げるのはいつも自分……と気づけた高校生活
「通信制高校」に対して後ろ向きだった私は、入学後、そのイメージを大きく変えた。「いいか、現実が正解だよ。その現実がダメだとわかっているのに、何ら改善も修正もしない奴、それが問題なんだよ。」「努力して結果が出なければ、努力が足りないか、その努力が間違っていたかだ」……学習センターの先生にこう言われたら、言い訳もできないし、納得もできた。こうして、私の日々の姿を、時に厳しく、時に優しく導いてくれた。テストで高得点を取っても「一夜漬けの知識なんぞすぐに消える。大事なのは教養」と言われると、自分がやるべきことを考えざるを得ない。でも、これが大学生になった今、凄く役に立っている。『高校卒業』が目標だった自分が、大学で徹底して「教養」を身に付けようと思い、結果、その環境に現在身を置いている。そして、そんな自分に誇りを持っている。 みなとみらい学習センター高橋 知音 桜美林大学 リベラル アーツ学群
独語と英語の最高位資格を取得してマルチリンガルを目指します
幼い頃よりクラシックバレエに打ち込んできました。松陰高校在学中にドイツ(John Cranko Schule)へのバレエ留学を経験することができました。この経験が私の糧になっています。留学中はバレエと勉強の両立で大変でしたが、松陰高校の先生方のサポートのおかげで、乗り越えることができました。この留学を通して、コミュニケーションの大切さを学び、直接肌で感じた異文化や歴史・民族などの違いを大学で専門的に学びたいと強く思うようになりました。帰国後進路で悩んでいた時も、先生方は私の悩みに寄り添い、最後までサポートしてくれました。本当に感謝しています。現在は大学で国際交流サークルに所属し、積極的に英語を使うようになり、新たな目標が見つかりました。私は、大学卒業までに独語と英語の最高位資格取得を目標に勉強しています。そして上智大学の恵まれた環境の中で、経験豊富な留学生に刺激をもらい、マルチリンガルになり「ありのままの世界」を知りたいと思っています。 大阪梅田学習センター北村 夏音 上智大学 外国語学部